• トップ /
  • 急な痛みで歯科にかかるとき

夜間や休診日などの歯科

急な痛みで歯科にかかるとき

夜間や休診日などの歯科の対応

痛みを感じ始めた虫歯は治療をせずに放置していると悪化するばかりです。歯に痛みを感じたら歯科に予約を入れて治療を開始し、通院が始まります。歯磨きを丁寧に行うことで悪化を遅らせることはできたとしても完治することはありません。遅かれ早かれ歯科にかかることになるので放置しないようにしましょう。歯科にかかっていても時には夜中に痛み始めたり、歯茎が腫れて眠ることもできない状態になることもあるようです。腫れや痛みを伴うことを想定しあらかじめ痛み止めが処方されているときは服用します。薬では治まらず一刻も早く痛みから逃れたいと思っても、どの病院でも救急治療をしてくれるわけではありません。かかりつけの病院が夜間や緊急時の対応が可能か把握しておくことも必要です。救急治療を希望するときは、事前に電話連絡をして対応可能か尋ねてから行きましょう。夜間診療をしていなかったり対応不可能な場合は、夜間診療を受け付けている病院を探します。いずれにしても電話で対応可能であるかを確認し、救急治療を受けた病院名と日付などをメモしておき、かかりつけの歯科に知らせることが必要です。その後も痛みが心配なら痛み止めの薬の処方をお願いすれば対応してもらえます。

↑PAGE TOP

Menu